講談社の絵本キャラバン隊が わかくさ保育園にやってきてくれました!

こんなトラックがやってきた!    なんだろうこの トラック・・・

 

そしてお話し隊の方が読み聞かせをしてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ

 

ぱちぱちぱち

 

さてさて 先ほどのトラックはというと・・

横壁が開いて 階段がついて  中に部屋が

 

絵本が並んであるのです

 

 

読み聞かせが終わって外に出ると  絵本屋さん開店!

 

あたし おもしろそうなの見つけたわ!

 

たくさんの絵本を 自由に手に取って見せてくれました

 

ふむふむ

 

ほうほう

 

ちょうどお迎えに来たお母さんに読んでもらったり

 

子育て支援センターに来ていた親子も  絵本を楽しんでいました

 

 

 

 

         わかくさ園では 文字や算数などは教えていませんが

         こどもたちは絵本を見たりや読み聞かせを聞いたりするのは大好きです。

         この時代に たくさん遊び おもしろい絵本やお話に出会い 素晴らしい音楽に触れ

         素敵な感性を育みたいと願っています。

         勉強はその後でいいのです。

         学校に行って、これおもしろそう、楽しそう、なんかわくわくする

         そんなことに出会ったとき  保育園時代に培った感性と集中力が

勉強する力の土台となって生きてくるのだと思います